Home > JavaScript | Next JS > node-iconvを日本語対応させた。

node-iconvを日本語対応させた。

まいど、小堤です。

今日の話題は、Next JSからちょっとはずれて、node-iconv
https://github.com/bnoordhuis/node-iconv

こいつは、nodeで文字コード変換をしてくれる非常に便利なやつなのですが、どうにもこうにも日本語に優しくありません。
まぁ、libiconvのパッチを当ててあげれば、よい話なのですが、これを毎回やるの、めんどくさすぎる!!

ということで、「パッチ当てたものをのせればいいジャマイカ!」とおもい
早速本家から、forkしてやってみたところ・・・・。

動かナス。

なんで〜・・・と悩むこと3日。

もう意味がわからん。
一応、インストールされたディレクトリにはいってパッチを当てることで解決はできます。
http://d.hatena.ne.jp/ushiboy/20110422/1303481470
参考にさせてもらいました。

が、やはり毎回自分で当てるのはやだ。

しかも、これNext JSの中で使うのです。
いや、ユーザーにやらせるわけにいかんでしょ。
オールインワンパッケージという感覚で使ってもらいたいんだから、Next JS。

ってことで、解決策として、一度node-iconv入れた後に、パッチ当てて、libiconvもう一度コンパイルして
node-iconv自体をmakeすればOKというところまでは、すぐつかんでいました。

これを、ださいですが、なんとかMakefile + シェルをwscriptからやらせて解決しました。
んで、本家がiconvなので、npm登録できないので、名前を変えて「iconv-jp」として登録してあります。

ごちゃごちゃいいましたが、要するに

npm install iconv-jp

でインストールできますし、利用時は

require(‘iconv-jp’)としてあげてください。

使い方は、node-iconvと全く一緒です。

ってことで、解決!! キリッ

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://code.xenophy.com/wp-trackback.php?p=1529
Listed below are links to weblogs that reference
node-iconvを日本語対応させた。 from code:x

Home > JavaScript | Next JS > node-iconvを日本語対応させた。

Search
Feeds
Meta

Return to page top